Home

ミュージアムフリーパス対象の6美術館は西洋画、日本画といった絵画だけでなく、彫刻やガラスなどジャンルもさまざま。飽きることなく幅広い芸術に触れられます。 キラキラ世界にため息「箱根ガラスの森美術館」 男性ボーカルの陽気な
東京から気軽に訪れることができる「箱根」。良質な温泉に風光明媚な富士山と自然豊かなエリアですが、実は多くの美術館が集まり、多種多様な芸術作品を鑑賞できるため、美術館好きなら何度も通いたくなる場所です。 そんな美術館の宝庫
自宅が仕事場に、スーパーがレジャー施設に、そして旅行はダイヤモンドのような希少なものと化した2020年。多くの人たちが、“これまで”と“これから”を意識させられたのではないでしょうか。変わったものは何も私たちの生活だけで
クラゲは自力で泳げない。波に乗り、浮かび、そして漂う。意思や決断が尊重される世の中で、私たち人間が惹かれるのは、ないものねだりなのかも。ふわりふわりと色に染まるクラゲは、海の宝石で、癒しです。 クラゲ愛&美がとまらない!
日本の伝統玩具とインスタ映えするラウンジを併せ持つ「箱根 ゆとわ」失って気付く、箱根で外せない「箱根登山鉄道」(この度、全線復旧しました!)趣ある温泉街に新しい風が吹く「箱根てゑらみす」知れば知るほど、もっと箱根が好きに
数年にわたる改修を終えた「富士屋ホテル」。外国人を対象にした西洋ホテルが、長年の要望で遂に大浴場が登場。早雲山の駅舎も新しくなって登場。「cu-mo箱根」のテーマは「雲」と「箱根寄木細工」。木の温もりに気持ちも緩みます。
「美味しい笑顔が世界を好きになる直行便」という素敵なキャッチフレーズを掲げるNPO法人LunchTrip。http://lunch-trip.com 「食と旅を通して、知らなかった世界を楽しく学び、自分のこととして考える
「住めば都」という言葉がある通り、一旦その町に住んでしまったら短所が愛嬌に見えて、長所はさらに惚れ湖んでしまうはず。 では、世界中の街はどうなんだろう?ハワイは訪れて楽しい場所だけど住んでみたらどうなのか、パリはお洒落な
TRAVEL+LEISUREの「外出控え?ソファにいながらバーチャルツアーに参加できる有名な美術館12ヵ所」より。 おうち時間に慣れてきた今日この頃、家での過ごし方もきっと皆さんそれぞれが工夫して快適に過ごしているのでは
lifehackerの「何で旅行前にレンジの写真を撮るべきか?」より。 旅行前は仕事を切り上げたり、荷造りしたりといつも以上に忙しくなる人も少なくないはず。そして、旅行先に無事到着して、ホッと一息ついた途端に脳裏によぎっ
TRAVEL+LEISUREが紹介した「ラゲージタグに書いた方がいい、書かない方がいいこと」より。 自分の荷物の目印としてラゲージタグを活用している人も多いはず。タグには名前や連絡先を書く欄があり、個人情報を載せて大丈夫
TRAVEL+LEISUREが掲載した「いつも遅れる人にベスト&ワーストな空港」より。 幸か不幸か、渋滞にはまったり、スリルを味わうためだったりと飛行機の搭乗時間ギリギリに空港に到着する旅行者は後を絶ちません。F