People

頑張る人に会って来た

自宅が仕事場に、スーパーがレジャー施設に、そして旅行はダイヤモンドのような希少なものと化した2020年。多くの人たちが、“これまで”と“これから”を意識させられたのではないでしょうか。変わったものは何も私たちの生活だけで
出生地や育った土地を自ら選ぶことは難しい。そうなるとその場所との関係は“ご縁”の一言に尽きて、だからこそ地元を愛する人に私は惹かれる。静岡県修善寺温泉で出会った美葉子さんは、まさに修善寺の申し子と言いたくなるほど修善寺の
いつか、いつか訪ねたいと思ってた人がいて、実現が5年越しになってしまった。それはキャンドル作家のまゆみちゃんです。 順風満帆だったスタート キャンドルと彼女の出会いは突然で、アメリカに留学していた頃。たまたまキャンドルを
真っ暗なたんぼ道が心細かった。Googleマップと位置を照らしながら、そろそろ目的地が見えてくるはずと道の先に視線を移すと、まるで灯台のようにオレンジ色の光が“ここだよ”と教えてくれ、一心不乱に目指す。 近づくにつれ聞こ
西荻窪駅から徒歩約3分。オーナーのひろみさんが手がける旅する雑貨屋「Hin plus(ヒン プリュス)」があります。 ”せっかく世界各国を旅してるんだから、その国のものを持ち帰って日本で販売できないかなぁ”という気持ちが